即使える!賃貸物件の上手な探し方

賃貸物件にはタイプがあります

賃貸物件には見た目は同じでも実際にはタイプがあります。自分で探している物件の属性が合わないと後で不満が出やすいので注意が必要になります。大家が直接経営するタイプ、サブリース物件、投資物件のうち探している物件タイプがどれになるのかを把握しておくと良いのです。
大家が直接経営するタイプの物件は長く住みたい人に向いており、サブリース物件は高くて規約が厳しくても綺麗な物件、投資物件は大家による干渉が一切無い短期間住む物件です。建物自体に補修が必要な場合や、近隣住民とのトラブル発生時の対応がそれぞれ異なるので、自分で探している物件タイプに合った不動産屋探しから始めると気に入った物件が見つかりやすくなります。

直接交渉出来る物件を見つけたら積極的な交渉をしましょう

大家の中には不動産屋任せの入居者探しは広告料名目の仲介手数料が高額にかかるので、嫌気をさして自ら入居者を募集する人が増えています。都市部で増えている保証会社による追い出し行為に嫌気がさして、大家直接管理物件の問い合わせが増えており空室数は増加している一方で、大家直接募集の物件は入居者が次々に決まっています。
賃貸物件を借りる時に支払う諸経費の中には、不動産屋が利益を出すためにクリーニング費を請求したり鍵交換を強制したりしています。こうした無駄な費用は大家と直接交渉をする際には全てゼロに出来ます。仲介手数料すら不要となるため、敷金の金額が多くなっても十分にお得です。2年ごとの更新料を無しにすることも交渉次第で可能なため、大家直接交渉が可能な物件は優良物件となりつつあります。

© Copyright Types Of Rentals. All Rights Reserved.