賃貸物件契約の注意点

契約書内の物件に関する情報を再度確認

賃貸物件を借りるための契約を交わす際には、契約内容をよく確認してサインを行わなければなりません。契約内容によっては、借主が不利益を被る場合があります。チェックが必要になるポイントの一つは借りる事になる物件の詳しい情報です。
契約書には、これから借りる賃貸物件の詳しい情報が記載されています。その情報は把握している内容と合っているかどうか、事前に確認した方が安心です。住所や間取り、さらに部屋の番号など、事前に確かめている情報と合っているかどうかを契約前に再度確認します。もし契約内容に気になる点があれば、契約書にサインする前に事実関係を担当者に確認した方が、後に起こりうるトラブルを避けるため効果があります。

解約に関する契約内容をチェック

賃貸契約を交わす際に契約書でチェックしたい重要ポイントには、解約に関する項目があります。いずれ賃貸契約を解約し退去する時が訪れたとき、解約に関する契約上の取り決めを知っておかなければなりません。
把握したいのが解約の通知にする取り決めであり、退去前にどの程度の期間の余裕を持って解約の通知を行うかの定めが契約書には記されています。一般的には、退去の1か月前には事前に解約の通知が必要という取り決めが多い傾向にあります。また解約に伴う違約金の支払い義務について、定めがあるかどうかもチェックを要します。ほとんどの賃貸物件では途中解約を行っても違約金が発生する事はないものの、念のため確認した方が無難ではあります。

小樽の賃貸マンションは、周辺に公共交通機関があったり商業施設が多くあるなど、生活環境が良い物件が多数揃っています。

© Copyright Types Of Rentals. All Rights Reserved.